自己紹介

Pocket

こんにちは、所属税理士です。

大阪で税理士法人で所属税理士として働きながら、知識の体系化や整理を目的にブログを運営しています。

osakaのURLが使用されていたので仕方なくoosakaにしています。 誤りではないです!!

税理士試験は(簿記論・財務諸表論・法人税法・相続税法・消費税)を合格しております。

私のプロフィールについて書きたいと思います。

 

学生時代

小学校は比較的平凡な生活を送っていました。サッカーとゲームが好きでよくやっていました。小学校1年生の時にドラゴンクエスト3とファミコンを買ってもらい、それはもう連日連夜ひたすらやっていました。めちゃくちゃ楽しかったですね。

小学校の終わりから両親が離婚してしまい、母親に引き取られました。このあたりから若干人生の歯車が狂った感じがします。

中学校時代は特に変わったこともなく、一般的な普通の学生でした。ドラマをみたりゲームをしたりでしたね。

ただ、3年生から勉強のやる気もなく、めんどくさくなりあまり学校に行かなくなっていました。いわゆる引きこもりですね。

そうなっていた時に3年生の夏に日曜日の夜にやっていたニュース番組で、引きこもり歴30年の先輩がTVに出ており、歯磨きを一日1時間以上行っていました。

それを見て・・・・

 

 

 

 

 

こんな人生はだめだ!! と思い急いで親に頼み込み家庭教師を雇ってもらいました。

もうそれは毎日何時間も必死に勉強しましたが・・・・・時すでに遅しでした。

頑張りましたが受験は失敗!

仕方なくお金さえ払えばだれでも入れる高校へ入学しました。そこで簿記に出会い、簿記が楽しく毎日勉強していきました。

現在の親友ともそこで出会いました。(たまに連絡取り合って遊んでます)

学校では学年でずっと2番(1番のやつを超えることはできませんでした)でした。とにかく賢くない学校だったので、基本的に授業を真面目に聞いていれば、先生が大きな声でここ出ますなどを言うので、それを暗記するだけでした。

あとは授業が終わったら授業中どんな話をしていたのかすべて頭の中で映像で思い出していました。先生のしぐさや行動や、どういった話し方をしたのか、板書はどこに何を書いたのかなどなどです。 結構鮮明に映像として思い返せていました。きっとそのおかげで2番だったと思います。(今はそのようなことあまりできません)

その後税理士受験の本気になったらの〇〇専門学校へ入学し、会計2科目合格後、就職しながら3科目合格して晴れて税理士になりました。

現時点では独立に向けて高額コンサル塾を受講し、無事10月に卒業しました。

コンサル塾の先生は税理士でお客様の売上を2年で3倍にしたことや11か月で2倍にした実績をお持ちの先生です。私自身また勉強中ですが、何件かは実際にならった技術を使って顧問先に対して実践した結果、効果まではいきませんが少しずつ動き出したという印象です。

 

なぜ税理士がコンサルを目指したか?

不思議に思われる方も多いと思いますが、会計事務所員、税理士として様々な中小企業の経営者や従業員そのほか、人の人生に少しですがかかわってきました。その中で税法で解決できる問題解決できない問題がありました。当然ですよね。

赤字の会社に対して相続対策で株価が安いので株を移しましょうなどの税務を通じた提案を行ってきました。

ただ現実問題業績が悪い先には税理士が手伝えることといえば、当時は経費の削減や、他社情報、業界平均などの話しかできませんでした。

そこで何かできる方法はないかと模索しつつも、仕事が忙しく通常通りの仕事をしていました。

あるとき運送業のお客様が担当になって、業績が悪い状態でした。色々なアドバイスが欲しいとのことだったのですが、どうすればよいか当然わかりません。

とりあえず自分ができる範囲で、予測の資金繰りを確認しました。
薄々気づいてはいましたが、やはり返済がかなり苦しくなっていました。過去からの推移を見ると借入がどんどん増えており売上も減少傾向「このままだと1年後資金ショートする恐れがありますと伝え、業績改善しない限り返済が間に合わないので、まだ余裕がある中で一旦リスケをして改善しないと会社がつぶれますよ」とお伝えしました。(新人だったので会社がつぶれるって言ってしまいましたね。 今なら言いません・・・) 

結構きつく言ったと思います。 いきなり息子より年下の会計事務所員に言われてカチンと来たとは思いますが、先方はリスケはしたくないと考えられており、何とか業績が改善するように手を打ってみたい。まだ打ててないことが山ほどあるので手伝ってほしいとの依頼を受けました。

すぐに運航路線や車両別の走行距離、損益はどうなっているかなど様々なことを社長や現場の方に確認しました。

わからないことも多かったですが、社長もどうにかしないという思いが強く、社長自身で考えたことや、私が言ったことすぐに実践してくれました。私もその言葉にこたえるように本を読んでどうすれば改善するのかなどを考え伝えた結果、なんと▲500万円 → 2,000万円ほどの利益がでるようになりました。

最終その事務所を退職する際に、あなたが担当者でよかった。ほんとにありがとうと感謝を伝えられ、この仕事をして初めて泣いてしまいました。

ほんとにめちゃくちゃうれしかったです。今まで人に褒められた中でも一番の出来事で、今でも映像が鮮明によみがえり目がウルウルしてしまいます。

引きこもりから税理士を目指して人の人生に触れて、人の人生にかかわり、人の役に立つことがこれほどまでにうれしいのか!と仕事の楽しさに吸い込まれていくようになりました。

自分自身そのようなつもりもなく、ただ必死になって一緒に解決するように進んでいただけでした。実際私自身は数字から読み取れる情報を確認してあれこれ聞いて言っているうちに、社長自ら動いて色々問題を解決していきました。ですので私の力ではないです。

ですが実際お客様はそういって感謝を言われたということは、やはり外部の人間がいることで社長自身もやらないといけないなどを真剣に考え実行に移した結果だったと思います。

そういった思いを原点に、もっと真剣に経営について学び、中小企業の社長に対して一緒に経営改善のためのヒントとなるようなことを伝えたい。業績が良くなってほしい。よくなるにはどうすればよいかを考えた結果が、コンサル塾に参加し社長の悩みを解決できるようになりました。

 

最後に

中小企業の社長に対して、業績改善や売上アップなどにフォーカスしたサービスを作りたい困っている方を何とかしたい!という思いは強く、どうすればできるかを考えています。①現在は書籍を1か月10冊以上読んで学んでいます。②またコンサルの方が主催のオンラインサロンに入っており、そこで絶えず不明点等など質問し考え行動することで、現在の顧問先の悩み解決に全力で向き合っております。

現時点のコンサル自体の評価としては以下のようなお言葉をいただいております

 ①行動するきっかけを作ってくれてありがとう

 ②検討していたつもりで実施できていないものがあった。漏れに気づけたので、行き詰まったときに情報整理目的できてよかった。

などあります。

私が関与する会社の業績改善や社長の悩み事を解決することで、その社長やそこで働く従業員、その家族など私がかかわった人に対して幸せを共有して一緒に繁栄できればと思っております。

今後は2021年9月に独立をして、中小企業の皆様に、価値提供をしていくことで一人でも多くの人の幸せを創造し繁栄をサポートできるよう邁進してまいりますので、応援よろしくお願いいたします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

皆様今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

一番見られている記事はコチラ

2020年10月17日

© 2021 大阪の傾聴👂税理士ヒロの経営・税務ブログ Powered by AFFINGER5