創業融資

創業融資に必要な条件とは? 4つの要素について解説

2021年10月28日

Pocket

 

これから起業する人にとってはとても重要になる「創業融資」ですが、申請した方全員が融資を受けられるというわけではありません。

では、創業融資を受けるためにはどのような条件があるのでしょうか?

こちらの記事では、創業融資が成功するために必要な条件についてご紹介していきます。

ぜひ、最後までご覧ください。

創業融資に必要な条件

では、早速、創業融資に必要な条件を見て行きましょう。

創業融資を受ける際には以下のような項目を審査されます。

  • 自己資金
  • 経験
  • 返済計画
  • 融資を何に使うか

それでは、早速確認していきましょう。

自己資金

自己資金は、起業する方が借入以外に自分で用意した資金を指します。

計画性を銀行は見るため、自己資金が少なすぎると計画性がないものとみなされ融資の確率は格段と下がります。

自分が創業融資を受けようとする金額の約1/3程度あれば問題ないと言えます。

※融資の要件は過去1/2 → 1/3 → 1/10となっています。

現在は要件が1/10となっていますが、融資金額にもよりますが1/10程度の自己資金では、希望額満額の融資は難しいと感じます。

経験

通常、開業時に融資を受ける際はこれから開業するビジネスに関する経験をどれだけ積んできたかも審査対象になります。

そのため、今まで経験のない分野を初めて開業する際はなかなか難しくなります。

どれだけの期間勉強をしたかではなく、あくまでもビジネスとしての経験を見られますので、覚えておきましょう。

返済計画

当たり前ですが、返済計画が見込めない人は融資を受けることができません。

これから先売上に応じて返済してくれるのか、過去に融資や金融機関等から借りたお金は滞納せずに支払っているかを確認します。

また、これから始める事業によって返済計画を説得力がない状態で説明してしまう方も審査に落ちやすい傾向にあります。

返済計画を立てるにはまず、事業計画も鮮明である必要がありますので、しっかり計画を立てた上で創業融資に申し込みをするようにしましょう。

融資を何に使うか

創業融資を受けた際にはその融資で実際に何をするのかが明確かどうかも審査の対象になります。

例えば、創業融資で1,000万円の融資を受けた場合、その1,000万円を使ってどんなことをするのか、事業全体でかかる費用の内訳やそれぞれも見積書などを提示する必要があります。

融資の使い道が不透明な場合も審査に落ちる可能性が高くなりますので、十分に注意することが大切です。

また、資金がそれほどかからないであろうコンサル業などを起業する場合も資金使途が明確になっていない場合は融資を受けることができない場合もありますので、注意しましょう!

まとめ

こちらの記事では創業融資が成功するために必要な条件についてご紹介してきました。

こちらの記事で紹介した創業融資が成功するための必要な条件をあらかじめ把握しておけば、融資を受けられる可能性が高くなります。

これから創業融資の申請をする方は参考にしながら事業計画書や見積書などを作成すると良いでしょう。

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

-創業融資

© 2021 大阪の傾聴👂税理士ヒロの経営・税務ブログ Powered by AFFINGER5