創業融資

創業融資サポート 創業融資を受けるメリットとは?

Pocket

個人や法人でも、起業する際に頭を悩ませるのが「資金調達」です。

手元の資金だけではどうにもならない場合、一番手っ取り早いのが公的創業融資です。

創業融資のサポートを受けることができれば、開業時の人件費や仕入費などを賄うことができ、審査通過率も格段に上がります。

こちらの記事では、そんな「創業融資」のサポートを受けるメリットについてご紹介していきます。

ぜひ、最後までご覧ください。

 

創業融資とは

創業融資とは、名前の通り新しく会社を開業する際に必要となる資金を融資してくれる制度です。

開業する際にかかる費用全てを自分の手元にある資金で賄うという方は少なく、基本的に日本政策金公庫の「新創業融資制度」か各自治体からサポートを受ける「制度融資」のどちらかまたはどちらからも資金を受け取ることが多いです。

 

創業融資のサポートを受けるメリット

続いて、創業融資を受けるメリットについてご紹介していきます。

創業融資のサポートを受けるメリットは以下3点です。

  • 受けた方が事業継続率が高い
  • 融資失敗を防ぐ
  • 経営に集中することができる。

それでは、一つずつ紹介していきます。

受けた方が事業継続率が高い

創業融資を受けることである程度まとまった資金やサポートを受けることができるため、事業継続率が高くなります。

創業融資の中には現在開業していなくても、未来の計画や事業性を考慮してくれるため、その分融資を受けやすくなり、事業継続率を高める動きを実現することが可能です。

また、創業融資は無担保・無保証で融資を受けることができるため、貴金属や土地などを担保にする必要がありません。

融資失敗を防ぐ

創業融資を受ける際に自分で申し込みをする方法もありますが、自分で申し込みをしてしまうと万が一失敗した場合取り返しがつかないことになることもあります。

ですが創業融資のサポートを依頼することで、融資成功率が上がり、融資金額を増やせるなどのメリットがあります。

融資を受ける前提で動いているのであれば、融資の失敗は必ず避けたいと思うはずです。

経営に集中することが可能

個人で創業融資の申し込みをして、万が一審査に落ちてしまうと、再度申し込みができるまで最低でも6ヶ月かかります。

創業の手引きによれば、企業が軌道に乗り始めた時期は、6割の企業が6か月超かかっています

つまりそれまでは赤字が続いてしまうため、資金が減少していくこととなり、精神的にも大変です。

また開業時に注意しておけばよかったと感じること1位に自己資金が不足していたことが挙げられています。

創業融資を受けることができれば、資金的な面を解消することで、一番の悩みを解消できることになり経営に集中することが可能となります。

もちろん、融資サポート会社に依頼すれば誰でも100%審査に通過するわけではありませんが、通過率は確実に上がります。

リスクを最低限に抑え、審査通過率を上げることはサポート会社に依頼するメリットと言えるでしょう。

日本政策金融公庫の創業の手引きはこちら

まとめ

こちらの記事では、創業融資の基本情報や創業融資の審査をする場合にサポートを受けるメリットなどをご紹介してきました。

 

創業融資で開業資金を調達したい場合は個人ではなく創業融資サポート会社に依頼することで審査通過率を上げることができるため、初心者の方は特にサポート会社に依頼するべきです。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

-創業融資

© 2021 大阪の傾聴👂税理士ヒロの経営・税務ブログ Powered by AFFINGER5